· 

減毛できない脱毛器もある!「除毛器」と「抑毛器」の違い

 

脱毛器は効果の違いによって、2種類に分かれる

 

って知っていましたか?

 

これを知らずに、値段だけを基準にしたり、なんとなくあやふやなままのイメージで買ってしまう後で後悔するかもしれません‥。

 

2種類とは・・

 

毛を取り除くだけの「除毛器」

 

減毛・抑毛効果のある「抑毛器」

 

です。

 

それぞれの違いやメリット・デメリットについて説明していきます。 

 

 

「脱毛」「抑毛」「減毛」「除毛」の違い

「脱毛」「抑毛」「減毛」「除毛」・・どれも似たような言葉ですよね?

 

意味を混同して使われていることも多いですが、一応違いを区別しておきましょう。

 

 

「脱毛」の意味は?

 ↓広辞苑には、以下のように記されています。

だつもう【脱毛】

 

1.毛のぬけること。ぬけ毛。

2.美容のために不要の体毛を取り去ること。除毛。

引用元:広辞苑無料検索

 

「美容のために不要の体毛を取り去ること。除毛。」

 

広辞苑に載っている意味ををそのまま受け取れば「除毛」とほぼ同義ということになります。

 

ただ、「脱毛」という言葉は正直あいまいで、実際には広い意味で使われることが多いです。

 

「毛根から抜き取ること」を脱毛と呼ぶ場合もあれば、「毛根にダメージを与え、生えないようにすること」が脱毛だと解説する人もいます。

 

「除毛」「抑毛」「減毛」の意味全部を含めて使われることがあるので、

 

「毛を除去すること、生えにくくすること、生えなくすること」という広い解釈を持っていればOKです。

  

 

「抑毛・減毛」の意味は?

「抑毛」も「減毛」も同じような意味で使われます。

 

両方とも広辞苑には載っていない言葉で、割とマイナーな言葉とも言えます。

 

「抑毛」「減毛」の意味は「毛根部にダメージを与えて毛を生えにくくすること」です。

 

エステや一部の家庭用脱毛器(詳細は後述)が当てはまります。

 

毛の生えるスピードを遅くしたり、再び生える毛を細くすることができます。

 

処理が楽になったり、毛が目立たなくなるのがメリットです。

 

 

「除毛」の意味は?

↓広辞苑には以下のように記されています。

じょもう【除毛】

 

無駄な毛を取り除くこと。脱毛。

引用元:広辞苑無料検索

 「脱毛」とも書いてありますが、実際には、「除毛」は「脱毛」よりも狭い意味で使われることが多いです。

 

よく「皮膚の表面から出ている毛を取り除くこと」と説明されることもありますが、その解釈だと「毛抜きは除毛ではないのか?」となってしまいます。

 

 

「除毛」は「毛を取り除くだけ。減毛・抑毛効果はなし」という意味です。

 

つまり、「毛は取り除いても、以前と同じようにまた生えてくる」ということです。

 

除毛クリームやカミソリで剃ることが該当します。

 

毛の生えるスピードが遅くなったり、再び生える毛が細くなることはありません。

 

 

 

↓「脱毛」「抑毛」「減毛」「除毛」のイメージを図で表すとこんな感じです。

脱毛、抑毛、減毛、除毛の違い
※イメージです。

 

いろんな意味で使われていたり、いろんな説明をされていることがあるので、「これが絶対に正解!」という解釈はないのですが、上のようなイメージでとらえると理解しやすいです。

 

ちなみに「永久脱毛」という言葉は「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下」という意味です。

 

毛母細胞(毛の成長をつかさどる細胞)の破壊はできますが、毛を生えにくくするという意味では「抑毛・減毛」の強力バージョンといった感じです。

 

 

 

サーミコン式、ローラー式は「除毛器」

それでは本題です。

 

脱毛器には脱毛する方法によっていろんな種類がありますが、

 

熱で毛を焼き切るサーミコン式(熱線式)やローラーで毛を引っこ抜くローラー式は「除毛器」に該当します。

 

 

代表的なものにはノーノーヘア(サーミコン式)やソイエ(ローラー式)があります。

 

 

↓ノーノーヘア(ヤーマン)

 

 

 

↓ソイエ(パナソニック)

 

 

除毛器は「除毛」なので、生えるスピードが遅くなったり、毛が細くなったりすることはありません。

 

サーミコン式は熱で処理するので、毛が生えてきてもチクチクしないことがメリットです。

 

ローラー式は毛抜きに比べて一気に広範囲を処理できるので、時間がかからないことがメリットです。

 

抑毛・減毛効果のある脱毛器と比べて価格が安いのが特徴になります。

 

高くても3万円ほど、安いものだと数千円で買えます。

 

デメリットとしては「除毛」なので剃刀や除毛クリーム、毛抜きと同じように、元通りの毛がすぐに生えてくることです。

 

ローラー式は一気に広範囲を引き抜くので痛みが強く、埋没毛のリスクもあります。

 

 

「除毛器」はどんな人におすすめできる?

除毛器をおすすめできるのはこんな人です。

サーミコン式除毛器が向いている人

除毛した後のチクチク感から解放されたい人です。

毛抜きは面倒ですし、剃刀だとチクチクしますし、抑毛効果のある脱毛器は高いです。

なので、「比較的安価で済ませたい!抑毛効果はなくていいが、チクチクするのはどうにかしたい!」という人に向いています。

ローラー式除毛器が向いている人

「剃刀処理では黒いぶつぶつが残るので、毛を抜きたい人」

「だけど、毛抜きや脱毛シートは面倒くさくてやりたくない人」におすすめできます。

抑毛効果はなくても、数千円からでも買えるのは魅力です。

太い毛を抜く際は、特に痛みが強いので、毛の濃い男性にはあまりおすすめできません。

 

 

フラッシュ式、レーザー式は「抑毛器」

光で脱毛するフラッシュ式脱毛器(光脱毛器)

 

レーザーで脱毛するレーザ式脱毛器、は「抑毛器」に該当します。

 

代表的なものにはケノン(フラッシュ式)やトリア(レーザー式)があります。

 

 

↓ケノン(エムロック)

 

エムロックのフラッシュ式脱毛器ケノン

 

 

 

↓トリア(トリア・ビューティ・ジャパン)

 

 

「抑毛器」のメリットは「毛を薄くできること」や「毛の生えるスピードが遅くなるので、処理がだんだん楽になること」です。

 

光やレーザーを用いて脱毛するので、サーミコン式除毛器同様、毛が伸びてきてもチクチクしません。

 

デメリットとしては、価格が高いということです。

 

品質の高いものだと、5万円以上はします。

 

 

「抑毛器」はどんな人におすすめできる?

「抑毛器」をおすすめできる人

「ある程度のお金を払ってもいいから、減毛・抑毛効果がほしい!」という人です。

「何度も何度も、毛を頻繁に処理するのは面倒。処理を楽にしたい!」っていう人や

「太い毛が嫌だからもっと目立たなくしたい。薄くしたい!」って人には向いています。

もっといえば、「薄くはしたいけど、エステやクリニックへ行くほどのお金はない人」です。

「除毛器」と比べれば、高いですが、エステ・クリニックよりはずっと安い金額で済みます。

 

ちなみにレーザー式とフラッシュ式の違いですが、

 

効果はレーザー式のほうが若干高いですが、照射面積はフラッシュ式のほうが広いです。

 

レーザー式は広い範囲の脱毛には向いていません。

 

手間がかかりすぎるからです。

 

フラッシュ式のほうが若干効果は劣るものの、広い範囲でも面倒くさくはありません。

 

個人的には、フラッシュ式脱毛器推しです。

 

 

 

まとめ

まとめです。

「除毛器」をおすすめできるのは

 

1.減毛・抑毛効果はなくてもいい人

 

2.チクチクから解放されたい人、または毛抜きが面倒な人

「抑毛器」をおすすめできるのは

 

1.毛を薄くしたい人、処理を楽にしたい人

 

2.5~10万円ほどの予算ならある人

 

「除毛器」も「抑毛器」もひっくるめて「脱毛器」と表記してあることが多いです。

 

購入する前に脱毛方式を調べて、「除毛器」なのか「抑毛器」なのか、ちゃんと確認することをおすすめします。