光脱毛器ケノン2年使ったレビューや失敗談【効果ないって本当?】

ケノンど素人の体験談&レビュー

 

こんにちは!当ブログ管理人のかめ丸と申します。

 

期待に胸を膨らませ、とうとう「光脱毛器ケノン」を買ってしまいました。

 

「ケノンは家庭用だから効果ない」という口コミも一部にはありますが

 

 

買って試せば、わかるはず!!

 

 

と思い、購入した次第です。

 

すでにケノンを買ってから2~3年経ちました。実際使ってみての感想です。

 

 

「剛毛に効果あるのか?」

 

「産毛に効果あるのか?」

 

「薄くできるのか?」

 

 

「効果あり」か「効果なし」か、それぞれ検証しました。

 

その他、「カートリッジ」「使用感」「美顔器の効果」「失敗談」など、わかりやすくレビューしています。

 

どうぞ最後までお読みください!

 

 

 

 

 「主な内容」

・ケノンが家に届いた!

 

・使い方を丁寧に解説!

 

・効果あり?効果なし?経過画像でレビュー!

 

【剛毛に7か月試した画像】

 

【産毛に6か月試した画像】

 

【ムダ毛を薄くすることはできる?】

 

・カートリッジの消費量や追加購入の必要性!

 

・使用感【レベル・所要時間・痛みとか・・】

 

・音、におい、メガネの人はサングラスが・・!

 

・全身脱毛できる?脱毛可能な部位は?

 

・延長保証は入ったほうがいい?

 

・使用が禁止されている人、僕の失敗談!

 

・美顔器の効果【4か月試した】!

 

・なぜケノンを選んだのか?

 

・ケノンの総合評価【2~3年使ってみての感想】

 

・購入を考えている方へ

 

 

 

 →ケノン公式サイト

(現在のセット内容を確認!)

 

 

ケノンが家に届いた!

ケノン届いた直後の画像、段ボール箱
画像はタップして拡大できます。

届いた直後の段ボールです。段ボール箱の大きさは33cm×30cm×22cm(縦×横×高さ)です。重さは2㎏くらいです。

 

クロネコヤマトの時間指定で届けてもらいました。「脱毛器の購入を家族に知られたくない!」という方のために【生活雑貨】【PC周辺機器】【書籍】【キッチン用品】の中から商品名を選べるのですが、僕は【書籍】にしました。

 

ですが、画像をご覧の通り、「精密機器」というシールが貼られてくるので、【PC周辺機器】のほうが良かったかもしれません。

 

家族にバレたくないのなら、日時指定で自分が確実に受け取るか、もしくはクロネコヤマトの営業所止めを利用する方法があります。

 

(営業所止めの場合、代引き決済のみ対応だそうです)

 

それでは開封していきたいと思います。↓

ケノンの箱を開封
カッターを使って商品を傷つけないように慎重に・・

 

 

段ボールを開けると、商品の箱が出てきました。ケノン購入者の4割は男性といわれていますが、箱はいかにも女性向けの柄です。(箱なんて捨てるのでどうでもいいですが)

 

本体の大きさ・重さは29cm×21.5cm×9cm(縦×横×高さ)、1.6kgです。

ケノンの外箱や本体、梱包状態
画像はタップして拡大できます。

 

ケノンは4色(ピンク・ホワイト・ゴールド・ブラック)から選べます。僕はブラックを選びました。付属品はサングラス、保冷剤2コ、電源コード、サングラスケース、説明書、特典カートリッジです。

 

ケノンは公式サイトでキャンペーンをよくやっていて、特典カートリッジが無料で付いてきます。

 

僕の時はエクストラカートリッジ、スキンケアカートリッジが一緒に届きました。レビュー投稿して、ストロングカートリッジもゲットしました。

 

購入の詳細については、当ページ最後「ケノンの購入を考えている方へ」をお読みください。

 

 

↓箱の中身、本体と付属品の画像です。

ケノンの付属品
画像はタップして拡大できます。

まずは、ケノンの使い方を解説

効果の写真を載せる前に、使い方の説明だけしておきたいと思います

 

1.事前にムダ毛を処理しておく

電動シェーバーやかみそりでOKです。毛を処理する理由は、毛が長すぎると「脱毛効果が落ちるから」「カートリッジが焦げた毛で汚れてしまうから」です。

ケノンする前に電動シェーバーでムダ毛処理
脱毛した後なので、腕はすでにツルツルです。

 

2.お好みのカートリッジを装着する

ケノンカートリッジの取り付け方、外し方

 

3.電源を入れる

本体裏にある「メインスイッチ」と正面の「電源ボタン」をONにする。(メインスイッチは使う時も、使わない時もずっとONにしていました。いちいち切り替えるのが面倒なので・・。)電源が付いたら画面が表示されます。

画像はタップして拡大できます。
画像はタップして拡大できます。

 

4.レベルを調節する(レベル1~レベル10まであります)

ケノンのレベル調節ボタン

 

5.肌を保冷材で冷却する

ケノンを買うと付属品として小さな保冷材が2つついてくるのですが、小さいため、すぐ溶けます。なので、近所のコンビニで氷枕を買いました。

保冷剤と氷枕

 

6.ハンドピースを肌にあてて照射する

照射口が肌に触れると「ピ、ピ、ピ・・」と音が鳴りますが、その音は「照射してもいいですよ~」という合図です。ハンドピースにあるボタンを押して照射しましょう。照射時は目を保護するためサングラスをかけておきましょう。

ケノンの照射

 

7.肌を再度冷却する

ケノンは光を「熱エネルギー」に変えて、毛根へダメージを与えます。ほてった肌は冷ましておきましょう。

脱毛後は保冷材で冷やす

 

 あとはこれを繰り返していくだけです。簡単です。

 

 

 

ケノンは効果ない?ある?【経過画像付きレビュー】

お待たせしました。みなさんが一番気になる「ケノンの効果」についてです。経過画像付きでレビューしていきたいと思います。

 

 

・剛毛に効果ある?

・産毛、細い毛に効果あるか?

・薄くすることは可能か? 

 

 

※効果を強調・ねつ造するなどの画像加工は一切していません。

 

 

「効果ある」or「効果ない」をハッキリさせましょう!

 

 

男性の剛毛に効果はあるのか?(7か月レビュー)

まずは、「ケノンは剛毛に効果あるのか?」から検証していきたいと思います。太もも付け根の剛毛で試してみました。毛の長さは4cmほどです。実験的に照射したものなので、一部のみの照射画像になります。

 

以下の条件で脱毛しました。

 

ラージカートリッジ

レベル10

頻度:2週間おき

期間:7か月

回数:16回

 

 

それでは「脱毛前、3か月後、7か月後」の写真をご覧ください。

 

※ラージカートリッジとは、プレミアムカートリッジが登場する前の標準的なカートリッジです。

 

※画像はタップで拡大します。

ケノンで剛毛脱毛(脱毛前の写真)
ケノンで剛毛脱毛(3ヶ月後の写真)
ケノンで剛毛脱毛(7か月後の写真)
つるつるです。毛穴も見えなくなりました。

はじめのほうは全く冷却をしていなかったので、軽くやけどをして、赤みが出てしまうこともありました。しばらくしたら赤みは消えました。

 

3ヶ月目の時点で、すでに毛がまばらになってきました。毛の伸びも遅くなり、「効果が出ているな・・」と実感できました。

 

7か月目にはご覧のとおり、ケノンを照射した部分だけスッキリしています。もはや毛穴すら見えません。

 

ちなみに、最終照射をしてから、1か月間完全に放置したのが、以下の画像になります。

ケノンで剛毛脱毛(1ヶ月放置後の写真)
タップで拡大します

 

結果:ケノンは男性の太い剛毛に効果あった

 

「ケノンは効果ない」わけではありませんでした。安心しました。

 

 

脇のにおい(ワキガ?)がなくなった!

余談ですが、脇脱毛をしてから脇のニオイ(汗臭さ?)がなくなりました。おそらく雑菌の繁殖場となるモジャモジャの脇毛がなくなったためと思われます。毛を剃っても同じことかもしれませんが、チクチクしない分快適です。思わぬ副作用でした。

 

※脇脱毛したときのビフォーアフター画像はこちらの記事にあります。

       ↓

ケノンのストロングカートリッジはvio脱毛に効果なし?

 

 

産毛・細い毛には効果あるのか?(6か月レビュー)

つづいては「産毛・細い毛にもケノンは効果あるのか?」の検証になります。脱毛の光は「色素の薄い産毛や細い毛に効きにくい」と言われることもありますが、ケノンではどうでしょうか?

 

※画像はタップで拡大します。

ケノンで産毛脱毛(指毛)

↑脱毛前の写真です。今回は左手指を照射してみました。見にくいかもしれませんが、よく見ると薬指・小指に産毛が生えています。薬指をさらにアップしてレビューしていきます。

 

以下の条件で脱毛しました。

 

ストロングカートリッジ

レベル10

頻度:2週間おき

期間:6か月

回数:13回

 

※ストロングカートリッジは、照射口が通常のカートリッジより狭く、威力が強いのが特徴です。指が細いので、照射口の狭いストロングカートリッジを選びました。

 

「脱毛前、1か月後、2か月後、半年後、3ヶ月放置後」の写真になります。

ケノンで産毛脱毛(指毛・脱毛前)
ケノンで産毛脱毛(指毛・1ヶ月後)
ケノンで産毛脱毛(指毛・2ヶ月後)
ケノンで産毛脱毛(指毛・半年後)
ケノンで産毛脱毛(指毛・3ヶ月放置後)

2~3ヶ月(4~5回照射)で、肉眼ではほとんど毛が確認できないレベルになりました。

 

結果:産毛や細い毛にも効果があった

 

※ただし、黒い色素に光が反応するという光脱毛器のしくみ上、「金色」の産毛には効果ないと思われます。

 

 

ケノンでムダ毛を薄くすることは可能か?

次は「ケノンでムダ毛を薄くすること(減毛)は可能か?」についてです。

 

足の甲を照射していたのですが、めんどくさくなって7回途中でやめてしまったときの写真を載せます

 

「脱毛前」「照射終了後1年半放置した時」の画像をご覧ください。放置の間は全く何もしていません。

 

脱毛した条件は以下の通りです。

 

ラージカートリッジ

レベル10

頻度:2~3週間おき

期間:4か月

回数:7回

 

 

※画像はタップで拡大します。

 

↓脱毛前

ケノンで毛を薄くする(足の甲)

 

↓照射終了後1年半放置して・・

ケノンで毛を薄くする(足の甲)

どうですか?きれいに薄くなってません?

 

「1年半」も経過すれば、さすがに毛は生えそろいます。それでも、元の濃さに戻ることなく薄い状態をキープできました。

 

毛を薄くするには、回数を少なめにするのがポイントですね

 

 

結果:ケノンでは毛を薄くすることも可能だった

 

※「毛を薄くする・毛量を減らす」には、マダラにならないよう、まんべんなく照射する必要があります。

 

ケノンで剛毛脱毛(足の甲)

足の甲の毛が薄いままでもしょうがないので、結局その後改めて照射してツルツルにしました。

 

 

 

ケノンのカートリッジ【実際使ってみた消費量や追加購入の必要性】

カートリッジは5種類

ケノンのカートリッジの種類
左上:スキンケア、右上:エクストラ、左下:ストロング、右下:ラージ(画像はタップで拡大します)
ケノンのプレミアムカートリッジ
プレミアムカートリッジ(画像はタップで拡大します)

過去発売されてきたカートリッジは全部で7種類あるようですが、現在は「プレミアムカートリッジ、ラージカートリッジ、ストロングカートリッジ、エクストラカートリッジ、スキンケアカートリッジ」の5種類しか手に入りません。

 

(昔販売されていたスリムカートリッジ・ひげ用カートリッジが消え、ストロングカートリッジが2016年に登場しました)

 

各カートリッジの特徴は以下の通りです。

プレミアムカートリッジ

2017年から登場した。ラージカートリッジの進化版、本体を買えば標準でついてくる。照射数はかなり多い(レベル10で30万発)。

ラージカートリッジ

以前の標準カートリッジ。特に特徴はない。

ストロングカートリッジ

髭などの剛毛用。脱毛効果が特に高い。照射口が比較的せまい。

エクストラカートリッジ

威力はラージと同じくらい。照射口が広く、時間短縮につながる。

スキンケアカートリッジ

美顔用。脱毛用とは光の波長が異なる。長押しで10連射くらいする。

2017年以前にケノンを買ったので、僕はプレミアムカートリッジを持っていません。このうち僕が持っているのは「ラージ、ストロング、エクストラ、スキンケア」の4種類だけです。

 

 

僕はカートリッジをこう使い分けた

何か特別な使い方をしたわけではありませんが、僕がどの部位にどのカートリッジを用いたのか書いておきます。

 

基本的には「ラージカートリッジ」と「エクストラカートリッジ」を使用しました。腕・腹・胸・足の甲などを照射しました。

 

「ストロングカートリッジ」は特に剛毛だった脇や、照射範囲のせまい指などに使いました。

 

「スキンケアカートリッジ」は実験的に顔の一部に使いました。スキンケアカートリッジは顔だけでなく体の他の部位にも使えます

 

 

カートリッジの寿命はレベルによって変化する

レベルによるケノンのカートリッジの寿命の違い
画像はタップで拡大します。

ケノンに限らず、レーザー脱毛器にも光脱毛器にも「カートリッジの寿命」というものがあります。一定の回数まで打ったら「これ以上は照射できないよ」というものです。

 

そして、その回数の減り具合は照射レベルによって変化します。レベルが低いほど打てる回数は多くなり、レベルが高いほど打てる回数は少なくなります。

 

また、カートリッジの種類によっても寿命(照射限度数)は異なります。以下がレベルと照射限度数の関係です。

 

  レベル1 レベル10
プレミアム 100万発 30万発
ラージ 20万発 13043発
ストロング 85714発 11111発
エクストラ 20万発 1万発
スキンケア 20万発 42857発

レベル1で使用することはほぼないと思うので、レベル10の発数を当てにすると良いでしょう。発数の残りはケノン本体の液晶パネルでいつでも確認することができます。

 

ちなみに、カートリッジごとに前回照射したレベルが記録されているので、次使う際にレベルを設定しなおす必要はありません。

 

 

カートリッジの消費はどのくらい?

集中的に使った時期や、全然使わなかった時期、たま~にしか照射しなかった時期があって、かなり使い方はバラバラでしたが、現在(記事執筆時)のカートリッジ残数はこんな感じです。↓

 

レベル10での残数を基準にしています。

  はじめ 現在
ラージ1 13043発 8274発
ラージ2 13043発 9912発
ストロング 11111発 7163発
エクストラ 10000発 5710発
スキンケア 42857発 40294発

何を血迷ったのか、買った当初はカートリッジの残数が足りなくなるんじゃないかと心配して、ラージを1個、追加で購入してしまいました。(結果的に必要ありませんでした。)

 

もうケノンを買ってから2~3年経過しますが、まだカートリッジ残数がかなり余っています。

 

どのカートリッジもだいたいレベル8~10で使用しました。

 

 

カートリッジを追加購入する必要はあったか?

上記でも述べた通り、カートリッジの追加購入は必要ありませんでした(僕の場合)。

 

※ただし、追加購入したほうが良い場合が2つだけあります↓

 

カートリッジ追加購入の必要がある場合

特典で欲しいカートリッジがついてこなかった場合

公式サイトではよくキャンペーンをやっていて、カートリッジが特典として無料で付いてきます。プレミアムカートリッジはいつも付いてくるので買う必要はありません。他のカートリッジで欲しいものがない場合、本体と同時購入すれば安く買えます。

家族や友人とシェアして使う場合

複数人でケノンを使いまわす場合は、カートリッジ寿命が足りなくなることがあるので追加購入する必要があります。また、カートリッジを複数持っておくと、各人で照射数の管理ができますし、衛生的にもGoodです。

 

ストロングカートリッジのレビュー投稿とロック解除

ケノンのストロングカートリッジロック解除
画像はタップで拡大します。

僕がケノンを注文した時にはストロングカートリッジも特典としてついてきました。ただし、レビューを投稿するのが条件だったので後日レビューをしました。

 

僕がレビュー投稿したのは本体を注文してから2ヶ月後でしたが、問題なくカートリッジは届きました。

 

「いつまでに投稿しなければならない」といった期限はないようです。本体を注文した時の注文確認メールのURLから簡単にレビューできました。

 

少々面倒くさいですが、ストロングカートリッジは「ロック解除」もしなければ使えません。

 

「ケノンユーザーサポートサイト」にアクセスして、ケノン注文時の「メールアドレス」と、本体裏に表記されている「シリアルナンバー」を入力すれば、メールが届きます。そこに書いてある解除番号を本体に入力すれば解除できます。

 

なぜロック解除が必要なのかはわかりません。面倒くさいといっても20~30分もあれば完了する作業なので、これで6000円もするストロングカートリッジが無料で使えると考えればやって損はありません。

 

 

→ケノン公式サイト

(現在、ストロングカートリッジが付いてくるか確認!) 

 

 

ケノン使用感【期間・回数・レベル・所要時間・頻度・痛み】の目安

ケノンの主な使用感について書いていきます。

 

・いつから効果を感じられた?期間・回数の目安

・レベルはいくつが最適?

・脱毛1回の所要時間は?

・頻度はどのくらいが最適?毎日はダメ?

・痛みはどのくらい?

 

いつから効果を感じられた? 期間・回数の目安

「どのくらいの期間・回数」で「いつからどんな変化が感じられたのか」僕の場合は、こんな感じでした。個人差はあると思いますが、参考にしてください。

 

照射1~3日後

引っ張るとスルッと抜ける毛もある(ポップアップ現象というらしい)

 

照射4~5回(1~2か月)

毛の伸びるスピードが遅くなるのを感じる(抑毛効果を感じる)

 

照射6~10回(2~5か月)

毛が減ってくるのを感じる、細く柔らかくなるなど毛質にも変化が現れる

 

照射11回~(6か月~)

ツルツルになる、ほとんど生えてこなくなる

 

上のほうの写真見ればわかるとおり、僕の毛は全体的に濃いめです。

一通りの脱毛が完了するまで、最低でも「照射10回以上・半年くらい」は必要でした。

 

脇毛などの剛毛は特に「回数・期間」が必要でした。少ない回数では、あまり効果を実感できません。あきらめないで、照射を続けることが大切だと感じました

 

 

レベルはいくつが最適?

一番はじめは結構ビビっていたので、レベルを低めにして照射してました(レベル5~7くらいだったかな?)。

 

でも、思ったほど痛くはなく、もっと高いレベルでもいけそうな気がしたので、途中からレベル8~10で照射するようになりました

 

ケノンには照射レベルが1~10ありますが、正直1~4はいらないような気もします。

 

低すぎるレベルは「効果がない」または「乏しい」です。

 

脱毛するならレベル5~7は欲しいところです。(男性でも女性でも)剛毛ならレベル8~10は必要だと思います。 

おすすめ最適レベル

毛が濃くない→レベル5~7

剛毛→レベル8~10

 

脱毛1回の所要時間は?

僕は、仕事が休みの日にまとめて照射をするスタイルでしたが、一回の脱毛にかかる時間は1~2時間程度でした。

 

これを長いか短いか感じるのは人それぞれですね。僕はそこまで苦には感じませんでした。

 

ひとくちに所要時間といっても、照射する範囲の広さによって所要時間もかなり変わります。部分脱毛をするだけならもっと短い時間で済むと思います。

 

はかってみたところ、25分で200ショットできました。脇なんかは両ワキで20~30ショットくらいで終わります。5分もかかりません。参考までに・・。

 

 

頻度はどのくらいが最適?毎日はダメ?

ケノンの使用頻度
「ケノン説明書」より。画像はタップで拡大します。

ケノンは毎日照射してはいけません。あまりに高い頻度だと肌に負担がかかりすぎるからです。やけどや肌荒れなどのトラブルや失敗につながります。

 

基本的な照射頻度は2週間に1回です。メーカーが推奨している頻度です。説明書にもそう書いてあります。

 

ただし、「2週間に1回」というのはメーカーが安全面を十分考慮しての頻度だと考えられます。個人的には肌トラブルさえ起きなければ、1週間に1回でもOKだと思っています

 

僕は基本的に2週間に1回で照射しましたが、効果が早くほしくて毎週照射したときもありました。特に問題は起きませんでした。

 

 

ケノンの痛みはどのくらい?

光脱毛器でも、脱毛効果が高ければそれだけパワーがあるということですから、痛みは気になるところです。

 

僕も痛いのはキライです。高レベルで打つ際には、しり込みをしていました。ですが、レベル10でもちゃんと冷やせば全然痛くありませんでした。

 

冷やさなければ痛いときがあります。痛いといっても輪ゴムで強く「バッチ~ン!」とはじかれる程度なので、我慢はできます。

 

レーザー脱毛では冷却ありでも「痛すぎて続けられなかった・・」なんて声を耳にすることもありますが、ケノンならその心配は必要ありません。

 

よっぽと痛みに弱い人でも冷却さえすれば、問題ないかと思います。「痛み」について、大きな不安を抱く必要はありません。

 

 関連記事:ケノンのストロングはマジ痛い?レベル7以下は意味がない!

 

 

 

ケノンその他の使用感・感想

その他の細かい使用感について感想を述べていきます。

 

・メガネの人はサングラスかけられない?

・脱毛記録は付けるべき?

・長時間使用して腕は疲れた?

・音はうるさい?

・使用中においがする?

 

メガネの人はサングラスかけられない?

ケノンでは目を保護するため、照射する際にサングラスをかけることが推奨されています。ですが、メガネの人はサングラスをかけることができません。

 

実は、僕もかなり視力が悪く、普段メガネをかけています。メガネなしでは日常生活を送ることもできないくらいです。

 

メガネなしでの照射はもちろんむずかしいです。なので、顔をそむけて目をつぶることで対処しましたが、そのやり方で十分でした。特に目に異常が出たこともありません。

 

他のケノンやっている人のブログなんかを見ても「サングラスをまともに使っている人はむしろ少ないんじゃないかな・・?」と感じます。実際サングラスを使うより目つぶって、顔そむけるほうが早くてラクです。

 

 

※脱毛器を扱う際は、目に向けないようにしましょう。

       ↓

 ・ケノン顔脱毛の光で「視力低下」の可能性はあるのか?

 

 

脱毛記録は付けるべき?

ケノンの脱毛記録方法
※イメージです。画像はタップで拡大します。

脱毛する際は記録をつけるのがおすすめです。記録をつけないと、いつどこに照射したかを忘れてしまいます。次はいつ照射すればいいのかが、わからなくなります。

 

僕は簡単に、「日付」と「照射部位」だけを記録していました。これだけの項目で十分です。

 

説明書の最後のほうにも、一応「記録表」というのが載っていますが、行数が少ないので、別の紙に書いていました。

 

 

ケノンの脱毛、記録表
説明書には記録表が一応ついているが、行数がちょっと少ない。

長時間、使用して腕は疲れた?

ハンディ型など、脱毛器が重い場合は長時間使用していると腕が疲れるらしいです。

 

ケノンは本体こそ1.6㎏と重たいですが、手に持つ部分は120gとめちゃめちゃ軽いです。1~2時間使い続けても疲れませんでした。

 

 

音はうるさい?

ケノンは家電製品なので全くの無音ではありません。

 

特に、照射した直後は冷却ファンが回って「フォーン・・」という音がします。パソコンのファンが回る音と同じくらいです。うるさくはないです。

 

一人で家族に内緒で使っていても、部屋の外に音が漏れることはありません。

 

ボタンを押す際も「プッ!プッ!」と音がするのですが、この音は設定でミュート(消音)にできます

 

 

使用中においがする?

個人的には、音よりも「におい」のほうが少し気になりました。

 

光脱毛器は光を熱エネルギーに変え、熱で毛根にダメージを与えます。この時、毛が焦げるニオイがします。

 

せまい閉めきった部屋で長時間使用していると、少しニオイがこもります。毛が長いまま照射すると特に焦げ臭くなるので、照射前には毛を短く処理しておくのがおすすめです。

 

 

 

ケノンで全身脱毛できる?可能な部位は?

ケノンでは、ほぼ全身脱毛OKです。「ほぼ」というのは、ごく一部だけ推奨されていない部位もあるという意味です。

 

実際の説明書↓

ケノンで全身脱毛は可能か
「ケノン説明書」より。画像はタップで拡大します。

推奨されていないのは「目のまわり、Iライン・Oライン(陰部・肛門)」です。

 

 

※陰部脱毛についてまとめた記事です。

    ↓

・ケノンは陰部に使える?男性にも効果ある?

 

 

口コミ見る限りでは、禁止されている部位をやっている人もたまにいますけどね・・。もちろん自己責任になります。

 

Iライン・Oラインを安全に脱毛したい人は、ケノンで出来る部分はケノンで済ませて、残りはエステ・クリニックで脱毛すると安上がりです。

 

 

↓ケノンでVIO脱毛した人の口コミ

セルフでVIO脱毛できました。他の脱毛はクリニックで完了済みですが、VIOだけは恥ずかしいのでセルフで…(笑)自分でやるのは勇気がいりましたが、特に痛みもなく照射後2週間くらいで毛がポロポロ落ちてきました。これを続けていけば夏にはムダ毛がなくなりそうで、期待しています。

引用元:@cosme

 

とはいえ「ヒゲ、顔(目のまわり以外)、もみあげ、腕、脇、手の甲、指、胸、乳首(乳輪)、腹、Vライン、太もも、すね、足の甲・・」全身ほとんどケノン1台で脱毛できます。コスパは良いです。

 

家庭用脱毛器の欠点ですが、背中は一人ではできません。誰かに手伝ってもらうか、エステ・クリニックへ行くしかありません。

 

 

ケノンの脱毛可能部位
画像はタップで拡大します。

他の家庭用脱毛器では、男性のヒゲに対応していないもの(光エステ・ルメア・シルクエキスパートなど・・)もありますが、ケノンならヒゲにも対応しています。

 

 

 

ケノンの耐久性は?【延長保証に入る必要はある?】

ケノンを買ってから2~3年経ちますが、今電源入れて使ってみても、サクサク動いてくれています。今まで故障したことはありません。動作が鈍くなったこともありません。

 

オプションで延長保証がありますが、安心感がほしい人は付ければいいと思います。僕は延長保証は付けませんでした。(延長保証の詳細は公式サイトで確認してください)

 

 

 

ケノンの安全性は?買う前に知っておくべきこと

光脱毛器は強い光によって毛根にダメージを与え、脱毛していくものです。安全性や、気を付けるべき点について述べていきます。

 

・皮膚がんの心配はないの?

・ケノンの使用が禁止されている人

・ケノンの光を目で見たらヤバイ?

・僕の失敗談【反面教師にしてください】

・使う際の注意点

 

皮膚がんの心配はないの?

ケノンで皮膚がんになる危険性は?
「ケノン説明書」より。画像はタップで拡大します。

光脱毛に対して「皮膚がんになる可能性もあるのではないか?」と心配している方も一部いるようですが、ケノンではその心配をする必要はありません。

 

ケノンの光源(キセノンランプ)から発せられる有害な波長は、すべてフィルター部でカットされています。肌には安全で、脱毛・美顔に有効な光のみが照射されるという仕組みです。

 

具体的に言えば、光脱毛に用いられる波長は550~1200nmで、可視光から近赤外線と呼ばれるものです。その中に、皮膚がんの原因となる「紫外線」は含まれていません。

 

光脱毛器の光より、太陽光のほうがよっぽど紫外線が含まれていると思います。

 

 

ケノンの使用が禁止されている人

「ケノンの使用が禁止されている人」「照射が禁止されている部位」についてです。ケノンに限らず、おそらく光脱毛全般で言えることだと思います。説明書からの引用になります。↓

※次のような方及び部位には使用しないでください。怪我や火傷などの肌トラブル、思わぬ事故の原因になります。

 

・使用方法を熟知していない方

・未成年及び高齢者の方

・妊婦及び授乳中の方

・ステロイド等の薬物を持続的に使用されている方

・4週間以内に強い太陽光を受けられたり、日焼けをされた方

・刺青及び永久化粧部位等をされている方

・色素が濃く沈着された方及び部位

・糖尿および他疾患による皮膚異常症患者の方

・光過敏症等の光に関する疾患をお持ちの方

・癇癪患者の方

・心臓ペースメーカーなど体内埋め込み式医療電子機器、人工心肺など生命維持装置をご使用の方

・皮膚がん病歴がある方や皮膚がん発病率が高い方

・3ヶ月以内に放射線治療や化学療法を受けた経験のある方

・他に光過敏症反応を起こす要素がある薬物やローション等を1か月以内に使用した方

・体調不良、飲酒後、薬服用中、疲労が激しい方

・アレルギー体質、皮膚病、アトピー、敏感肌、生理中、血液異常、紫斑になりやすい方

・意思表示が出来ない方

・知覚障害、高血圧、骨疾患の方

・粘膜、かさぶた、傷、湿疹、あざ、いぼ、吹き出物、皮フがん、タムシ(白せん)、毛のう炎などの部位

・シリコンが埋めてある部位、アキレス腱などの部位

・麻痺している部位

・帝王切開手術やその他手術を受けた部位

・化粧品やオイルなど化粧品が残っている部位

・金属やプラスチックなど

 

引用元:ケノン説明書

 

メーカーとしては万が一があってはいけないので、多くの注意事項を記載しているのだと思います。

 

未成年者の使用が禁止とされているのは、取り扱いに注意が必要なためと思われます。誤って目に照射してしまったら大変ですしね。

 

傷跡・色素沈着・あざなどがある部位はシールを貼れば照射できます。

 

 

ケノンの光を目で見たらヤバイ?

ケノンの光は直接目に入ると危険
「ケノン説明書」より。画像はタップで拡大します。

照射時に、漏れてしまった光が目に入るくらいなら大丈夫です。直接至近距離で照射口を目に向けて照射しない限りは大丈夫です。

 

安全装置としてケノンには「タッチセンサー」も内蔵されています。照射口が肌に触れていないとボタンを押しても照射されないしくみです。

 

僕も、漏れた光くらいなら何度も見てしまったことがありますが、全く平気です。間接的な光なら大丈夫です。

 

 

僕の失敗談【反面教師にしてください】

実は正しい使い方を守らずに、失敗した経験があります。

 

 

※詳しくはこの記事に書いています)

    ↓

・ケノンでかゆみ・炎症発生!?(画像あり)

 

 

僕はけっこう、面倒くさがり屋なので、はじめは全く冷やさずにビシバシ打っていました。

 

レベル10にしてからもしばらく冷やしていませんでした。たまに痛いときはありましたが思ってたより大丈夫だったので、油断していました。

 

ですが、ある日脱毛後に熱い風呂に入ったところ、照射した部分が赤くなり、かゆくなったことがありました。かゆみで、夜なかなか寝付けなかったのを覚えています。

 

それからは、説明書通り保冷材でしっかり冷却をして、念のため当日に熱い風呂に入るのは控えました。その結果、かゆみは全くでなくなりました。

 

他のブログでは「ケノンを使って、全く冷やさなくても大丈夫だった!」という口コミを見かけることもあります。ですが、失敗した僕としては、めんどくさくても冷却することをおすすめしたいです

 

 

ケノン使う際の注意点【まとめ】

かゆみ・赤み・やけどなどの対策のため「僕が特に注意したこと」を書いておきます。

1.照射前後はちゃんと冷却する(10秒ほど)

 

2.脱毛前後は激しい運動や長時間の入浴は避ける

 

3.夏場は日焼けに気を付ける(脱毛している期間は、外出時は日焼け止めを塗って、トラブルに強い肌を作っておく)

 

4.照射時は直接目に照射しないよう気を付ける

 

これだけのことを気を付けていれば、とりあえず大丈夫です。

 

色素沈着してる箇所(傷跡やほくろ)への照射は、小さいシールを貼れば問題ありません。

 

というか、体験談としてはシールを貼らなくても特に問題はありませんでした。痛くもなかったです。僕はホクロが多いので途中からめんどくさくなってシールを貼るのやめました。

 

100均で売っているシール
100均で売っている小さなシール。傷跡などはシールで隠せばいい。

 

ケノンの安全面について説明してきましたが、説明書通りに使ってさえいれば、過剰な心配をする必要はありません。

 

 

 

ケノンの美顔器の効果はどうだった?

僕は、ケノンの美顔器も4か月試しました。美顔器に興味ない人はこの章を読み飛ばしてください。

 

・ケノン美顔器のメカニズム、効用

・ケノン美顔器4か月試したその結果は?

・効果以外のざっくりとした感想

 

ケノン美顔器のメカニズム・効用

肌の代謝イメージ

ケノンはスキンケアカートリッジに付け替えさえすれば、美顔器に早変わりです。顔だけでなく体にも使えます。

 

光脱毛に用いられるキセノンランプは、フォトフェイシャルなどの光美容でも用いられています。光源が同じなので、カートリッジで波長だけを調節すれば、脱毛でも美顔でも使えるというわけです

 

効用としては「光がコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などを生成する線維芽細胞に働きかけ、より健康的な肌へ導く」と言われています。

 

肌の健康が底上げされるイメージです。

 

 

ケノン美顔器4か月試したその結果は?

ケノンの美顔カートリッジ
ケノンの美顔カートリッジ

実際に僕が使ってみての感想です。

 

はじめレベル10、途中からレベル8

頻度:毎週

期間:4か月

 

顔の一部に照射し続けました。

 

結果としては、シミや赤みの軽減など、一定の効果がみられました。

 

 

※ビフォーアフター写真や美顔器の効果詳細についてはこちらの記事に書いてあります。よかったら読んでください。↓

 

・ケノン美顔器4か月試したビフォーアフター写真

 

 

「家庭用美顔器でここまでできるなら上出来じゃないか?」ってくらいです。

 

「即効性」や「美容医療並みの効果」を求める人には向かないと思います

 

 

効果以外のざっくりとした感想

僕は実験的に顔の一部しかやっていません。1回で6~8ショットくらい照射しました。2~3分もあれば終わりました。顔全体をやるにしても所要時間は5~10分あれば終わるでしょう。

 

頻度は脱毛は2週間に1回でしたが、美顔は1週間に1回がメーカー推奨となっています。

 

美顔も脱毛と同じで冷却が必要です。冷却をしないでレベル10で照射したこともありますが「熱っ!」と感じました。

 

熱かったので、ボタンを最後まで押し続けることができませんでした。(スキンケアカートリッジはボタンを押し続けて10連射くらいします。1~2秒です。)

 

レベルは8~10くらいがおすすめです。冷やせば、熱くもないですし、痛くもないです。

 

顔をやる際は、サングラスをかけ、しっかり照射口を肌に密着させることが大切です。間違っても目に向けて照射しないようにしましょう。

 

付属のサングラスでも、もちろんOKですが、さらに密着性が高い遮光ゴーグルを使うのもありです。 ↓

光脱毛で使う遮光ゴーグル
遮光ゴーグル。サングラスよりも密着性は高い。

 

 

 

なぜケノンを選んだのか?

僕が脱毛するにあたって「なぜケノンを選んだのか?」その理由、買うまでの経緯について書いていきます。

 

・サロン、クリニックは価格が高すぎで断念

・安い脱毛器は選択肢から除外した

・実際売れている商品だったので信用した

 

サロン・クリニックは価格が高すぎて断念

脱毛をするにあたってはじめに検討していたのは、サロンやクリニックでした。なんとなく「脱毛したいな~」と思って、サロンでの脱毛料金を調べているうちに、家庭用脱毛器の存在を知りました。

 

「脱毛は何十万円もするもの」と思っていたので、こんなに安く脱毛できることを知って、とてもうれしかったのを覚えています。

 

サロンやクリニックよりも家庭用脱毛器を選んだ理由は「価格」に尽きます。

 

当時は、サロンやクリニックで脱毛するほどのお金がありませんでした。貯金をするという選択肢もありましたが、「今すぐ」どうにかしたかったので、脱毛器を選びました。

 

ちなみにエステやクリニックの料金相場はこんな感じです(全身脱毛)。

  エステサロン 男性クリニック 女性クリニック
6回 353,000円 563,000円
8回 470,000円 751,000円
12回 269,000円
18回 404,000円

 

 

大手のサロン・クリニック9社の平均から全身脱毛にかかる料金を出しました。

 

※2018年7月に調べたとき(記事執筆時)の料金から計算しました。

 

※参考サロン・クリニック(脱毛ラボ・ミュゼ・ストラッシュ・キレイモ・TBC・湘南美容クリニック・リゼ・メンズリゼ・ゴリラクリニック・RINX)

 

※「回数」は脱毛が完了するまでの目安です。クリニックで6~8回、エステサロンで12~18回です。(クリニックのほうが出力が強いため)

 

 

 

↓つまり、全身脱毛に必要な金額と期間はこのようになります。

エステサロン  27万円~40万円

 期間:2~4年

 

女性クリニック 35万円~47万円

 期間:1~2年

 

男性クリニック 56万円~75万円

 期間:1~2年

 

 ※平均的な予約頻度2~3ヶ月で計算しました。

 

 

男性のほうが料金が高いのは、体格が大きいからとか、なんだかんだコストがかかるからだと思います。

 

エステサロンの期間を見てもらえばわかる通り、頻度が高い分家庭用脱毛器のほうが早く脱毛できることもわかります

 

 

安い脱毛器は選択肢から除外した

安い脱毛器のデメリット
画像はタップで拡大します。

 

僕が「脱毛器選び」で、最重視したのは「効果の高さ」です。

 

脱毛器はサロンと比べれば安いですが、それでも何万円もする買い物です。「効果が高い」という条件だけは、絶対に外せませんでした。

 

安い脱毛器は、表面の毛を抜いたり焼いたりするだけです。「減毛・抑毛効果」がないので注意が必要です。

 

「安物買いの銭失い」だけはしたくなかったので、価格より効果重視で脱毛器を選びました

 

家庭用脱毛器の中でなら、ケノンが一番効果が期待できると思いました。

 

はじめは効果に疑心暗鬼でしたが、ブログや口コミをたくさん見て回り「ちゃんと効果があるな」と思えてきました。

 

 

実際、売れている商品だったので信用した

最終的には「他の人も買っているし、脱毛器の中ではこれが一番かな・・」といった感じで購入に至りました。

 

ケノンは楽天の脱毛器ランキングで、長年1位を取り続けている商品です。

 

売り上げがあるからといって、商品の質が100%保証されるわけではありませんが、それだけ多くの人が買っているという証拠にはなります。

 

 

楽天のランキングに嘘が掲載されているとは思えなかったので信用できました。 

 

 

 

ケノンの総合評価【2~3年使ってみての感想】

ケノンを2~3年使ってみての総合評価です。10項目を1~10点で評価しました。

 

※個人的な感想です。

効果・・10点

剛毛、産毛にもちゃんと効果がありました。うまく使えば、毛を薄くすることも可能だったので使用目的の幅は広いなと感じました。ただ、継続は必要です。レベルが低すぎると効果ないのでそこは注意です。

 

当初は毛周期のことも知らず、2~3ヶ月でツルツルになるものと思っていましたが、剛毛は満足いくまで最低でも半年はかかりました。ヒゲにも対応しているのはGoodです。照射頻度が高い分、サロンよりも毛の減るスピードは早いと思います

 

※毛周期・・「毛の生え変わるサイクル。休止期の毛もあるため、ケノンに限らず、脱毛というのは数か月単位の期間が必要なのです。」

脱毛の手間・・7点

照射面積が広い分、脱毛にかかる時間は比較的短いと思います。はじめは脱毛したい範囲を全面照射する必要がありますが、回数を重ねるごとに毛の伸びるスピードが遅くなったり、毛の生える本数が少なくなってくるので照射がラクになります。途中からは、毛の生えてきた部分だけを照射すればいいので手間が省かれるというわけです。家庭用脱毛器なので、多少手間がかかるのは仕方ありませんね。

カートリッジ寿命・・10点

ラージカートリッジでも一人での脱毛なら、なんとかいけました。ラージはレベル10で約13,000発しか打てませんが、プレミアムカートリッジならレベル10で30万発も打てるのでまず問題ないでしょう。ただし、カートリッジはわずかずつですが、照射するごとにパワーが落ちます。プレミアムのほうが照射パワーが落ちにくい作りにもなっています。

使い心地・・9点

操作性は良いです。説明書なしでも直感的に使用できます。ハンドピースが軽いので、腕が疲れることはありません。(バッテリー式ではなく、コンセントに直接つなぐタイプなので充電する必要はありません。バッテリー式は毎回充電する必要があり、脱毛途中で充電切れると非常に面倒なのでおすすめしません)。

安全性・・7点

出力が高いゆえに取り扱いは中が必要です。特に高レベルで照射する際は、冷却が必須です。冷やせば、ストロングのレベル10でも痛くありません。タッチセンサーなどの安全機能はありますが、光の直視には気を付ける必要があります。敏感肌・乾燥肌でもいけました。

価格・・5点

性能を考えれば妥当かもしれませんが、69,800円と少々お高めです。

デザイン・大きさ・・7点

デザインは悪くありません。少し置き場所を取りますが、許容範囲です。

脱毛部位・・8点

ほぼ全身脱毛できるのでおおむね満足。家庭用脱毛器ゆえに背中は一人では厳しいです。I・Oラインは自己責任となります。ヒゲに対応しているのはうれしいです。

配送・梱包・・10点

発送は非常に迅速でした。平日に注文して翌日の午前中に届きました(多少の地域差はあると思います)。梱包は丁寧でした。初期不良もありません。

耐久性・・9点

2~3年使いましたが、現在もピンピンしています。動作が遅れることもありません。修理を頼んだことがなく、サポートの良し悪しはわからないのでマイナス1点。

 

 

 

ケノンの購入を考えている方へ

ケノンの購入を考えている方へ、損しないために知っておきたいことや、支払方法について説明していきます。

 

・「眉毛脱毛器付き」の時に買ったほうが良い

 

・価格は変動しない

 

・公式サイトからの購入が一番おすすめ

 

・正規販売店以外では追加カートリッジの購入、修理ができない

 

・延長保証は有料

 

・3つの支払い方法

 

・クレカなしでも分割払いできる

 

どうせなら「眉毛脱毛器付き」の時に買ったほうが良い

ケノンの眉毛脱毛器

ケノンには「眉毛脱毛器あり」の時と、「眉毛脱毛器なし」の時があります眉毛脱毛器は本体と一体化しているので、後で買い足すことができません。

 

僕はこれで失敗しました。このことをよく知らず、「眉毛脱毛器なし」の時に買ってしまいました。耳毛や鼻毛も脱毛できるそうです。どうせなら眉毛脱毛器付きが欲しかったです。

 

 

価格は変動しない

いまだに他サイトで、「ケノンの価格は変動する!」という情報を見かけることもありますが、それは昔の話です。

 

現在は69,800円(税込)で固定価格になりました。また、ケノンはネット通販でしか売ってませんが、販売店ごとに価格差はないので、価格.comで調べても意味はありません。

 

 

公式サイトからの購入が一番おすすめ

ケノンは公式サイト以外でも、楽天やアマゾンで一応売っていますが、公式サイトで買うのが一番おすすめです。

 

まず、アマゾンは特典カートリッジが一切ついてこないのでおすすめしません。価格は他と同じにもかかわらずです。めっちゃ損します。

 

つづいて楽天ですが、「ケノン 脱毛器」などで検索すると複数のショップが出てきます。

ケノンは楽天でも販売されているが・・

 

どれが本物の正規販売店なのかわからないので、僕は避けました。楽天は便利ですが、いろんなショップが出店できるし、転売品や粗悪品も出回っているとの情報があったので不安でした。

 

また、楽天をはさむと「修理依頼のときに手続きが面倒かな・・」とも思いました

 

僕は普段からアマゾンや楽天をよく利用するのですが、以上の理由からケノンを買う時だけは公式サイトから購入しました。クレジットカード情報の入力に不安のある人は代金引換にすればいいのです。

 

 

正規販売店(公式ショップ)以外では修理・追加カートリッジの購入ができない

ケノンは正規販売店(公式ショップ)以外で購入した場合、修理や追加カートリッジの購入ができないので注意が必要です。

 

精密機器であるため、中古品もおすすめしません

 

 

延長保証は有料

そのまま買ってもメーカー1年保証が付いてきますが、有料で3年延長保証を付けることもできます。「自然保証」と「自然保証+事故保証」があります。

 

※注文時の注意点ですが、「延長保証」を買い物かごに入れると注文画面へ飛んでしまいます。ブラウザの「戻る←」を押せば、前の画面に戻ってケノン本体も買い物かごに入れることができます。

 

 

3つの支払方法

ケノンの支払い方法の種類
PC版でのケノン注文画面より。画像はタップで拡大します。

 

①代金引換(対面決済)

 

商品受け取り時に決済します。以下の3つから選べます。注文画面で「代金引換」を選ぶだけです。カード情報の入力は必要ありません。

 

現金代引き 手数料は無料
クレジットカード払い 「一括払い」「2~24回の分割払い」「リボ払い」から選べる
デビットカード払い 手数料は無料

 

※クレジットカード・デビットカード払いは、クロネコヤマトの配達員がその場でカード決済してくれます。クレカ支払いの回数もその場で指定できます。

②銀行振込

注文時に「銀行振込」を選択します。ネットバンクも可です。

③クレジットカード払い

注文時に「クレジットカード」を選択します。「一括払い」「2~24回払い」「リボ払い」から選択できます。

僕はクレジットカードで決済しました。代金引換やクレジットカード支払いなら、すぐ商品が届きます。配送はクロネコヤマトで、もちろん日時指定もできます。

 

 

 

クレジットカードなしでも分割払いができる

主婦、学生、フリーター、パート、アルバイトの方など、クレジットカードを持っていない人でも月3300円(24回払いの場合)から分割払いにすることができます。(電話での本人確認で、一応審査はあります)

 

毎月、銀行口座から分割料金が引き落とされます。注文時や、商品受け取り時の支払いはありません。以下の手順で申し込めます。

1.「お支払方法」で【銀行振込】を選ぶ

 

2.備考欄に「ショッピングローン希望」と入力

 

3.注文完了後にローン手続きに関するメールが届きます。

 

4.後は、メールに書いてある内容に従って手続きを進めるだけです。

 

※無収入の方は、収入のある保証人が必要となります。

 

最短、数時間で審査結果が通知されるとのことです。

 

 

 

2~3年使ってきたが、ケノンはおすすめできる

長々と書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。2~3年使ってきましたが、ケノンはおすすめできます。思ってたより結構使えました。

 

 

 

→ケノン公式サイトを見る