エステ脱毛・医療脱毛も意外と完璧じゃない!また生えることもある

 

脱毛と言えば、まずエステ脱毛や医療脱毛を思い浮かべると思います。

 

料金こそ高額ですが、家庭用脱毛器よりはしっかりとした脱毛が出来そうですよね?

 

しかし・・

 

エステやクリニックでの脱毛も完璧ではありません。

 

  

「高いお金を払ったのに、思ったより効果なかった‥」

 

「コースをやり切ったのに、まだ毛が生えてくる・・」

 

「永久脱毛かと思ったのに、また生えてきた・・」

 

 

「こんなはずじゃなかった!」の原因は、エステ脱毛・医療脱毛に対する期待のし過ぎです。

 

エステ脱毛・医療脱毛に関する誤解を解いていき、「エステ・クリニック・家庭用脱毛器」で、実際にはどのくらい脱毛できるのかについて解説していきます。

 

 

 

そもそも「エステ」と「クリニック」は全く別物

既にご存知の方もいるかもしれませんが、一応説明しておきます。

 

「エステ脱毛」と「医療脱毛(クリニックでの脱毛)」は全くの別物です。

 

混同して、同じものだと思っている方もいますが、次のような違いがあります。 

 

エステ脱毛

脱毛効果は医療脱毛より低い(永久脱毛ではない)

脱毛完了まで時間がかかる

開業に必要な資格は特にない

光脱毛で施術

料金は医療脱毛より安い

クリニック(医療脱毛)

脱毛効果は高い(永久脱毛)

脱毛完了までが早い

医師や医療従事者が施術をする

ニードル脱毛、レーザー脱毛で施術

料金がエステ脱毛よりも高い

 

まず、決定的な違いは「医療行為」か「否」かです。

 

クリニックでの医療脱毛は医療行為に当たります。

 

つまり、医者・医療従事者しか施術が行えないのです。

 

そしてもう一つ大事なポイントとして「脱毛効果の違い」があります。

 

医療脱毛では「永久脱毛」ができます。

 

しかし、エステ脱毛では家庭用脱毛器同様、永久脱毛ができません。

 

永久脱毛をしていいのは医療機関のみと法律で決まっているからです。

 

 

なので「エステで脱毛したのにまた生えてきた!!」

 

なんて、普通にありうることなんです。

 

 

 

じゃあ医療脱毛なら絶対生えてこないの?

「医療脱毛は永久脱毛だから、脱毛完了したら一生生えてこないんだよね?」

 

と思われるかもしれません。

 

エステとは違い、「永久脱毛」である医療脱毛なら「永久に毛が生えてこなさそう」ですよね・・。

 

しかし、永久脱毛ですらコース完了した後でも毛が生えてくることはあるのです。

「永久脱毛」は「2度と毛が生えない」という意味ではない

まず、よくある誤解ですが、

 

永久脱毛は「2度と毛が生えない脱毛」ではありません。

 

 

↓「永久脱毛の定義」は以下の通りです。

最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法であること

引用元:メアリクリニック

 つまり、「1ヶ月後に2割以下の毛が生えてきても『永久脱毛』とみなしますよ」ということです。

 

意外と、定義はゆるいんです。

 

 

それに、毛母細胞(毛の成長をつかさどる細胞)を破壊できる永久脱毛でも、すべての毛穴の毛母細胞を破壊できるとは限りません。

 

なかには、破壊されずに残ってしまう毛もあります。

 

 

「永久」なのだから再生率0%で、脱毛後は一生毛が生えてこなさそうですけど、「永久に生えてこない」という意味ではないんですね。

 

 

その他、再び毛が生えてくる3つの原因

「永久脱毛は2割以下の再生率」であることの他に、再び毛が生える3パターンがあります。

 

 

1.ホルモンバランスの乱れ

 

毛の成長はホルモンがつかさどっています。体毛の成長を抑制するのが女性ホルモン・促進するのが男性ホルモンです。

 

体内で絶妙なバランスを保っています。

 

しかし、このホルモンバランスが乱れることによって、再び毛が生え始めてしまうことがあるのです。

ホルモンバランスが乱れるきっかけとしては、妊娠出産、またはストレスがあります。

 

特に女性の場合は、若いころ永久脱毛をしていても、妊娠や出産をしてから生えてきてしまったというパターンが多いようです。

 

 

 

2.照射漏れ

照射漏れがあると、永久脱毛した後でも一部から生えてくることがあります。

 

施術者の技術力不足が原因でサロンでもクリニックでも割とあります。

 

照射漏れを感じたら、施術者に「前回照射漏れがあったので、今回は丁寧に施術してください。」と言えば、対応してくれる場合もあるようです。

 

ただ、担当してくれる人が無愛想だとなかなか対応してくれなかったり、要望を言いづらい人もいるでしょう。

 

「脱毛に照射漏れはつきもの」とある程度割り切ることも大事なのかもしれません。

 

 

 

3.脱毛回数が足りない

 

どんな脱毛法も脱毛が完了(毛の処理が不要、又はほぼ不要)するまでにはある程度の回数・期間が必要になります。

 

参考記事:脱毛前の必須知識「毛周期」を知らない人へ(近日公開予定)

 

医療脱毛も例外ではありません。

 

↓以下は脱毛完了までの目安です。

医療脱毛 1~2年
エステ脱毛 2~4年

※個人差はあります。

 

医療脱毛は1~2年(6~12回)、エステ脱毛だと2~4年(12~18回)くらいはかかります。

 

脱毛完了に必要な回数には個人差があります。

 

コースを完了しても、その人にとって必要な回数を照射できなかったら、また毛は生えてきます。

 

「6回コース○○〇円!」「12回コース△△△円!」と広告を見かけることもありますが、剛毛な人は特にその金額プラスアルファかかるものだと思って、予算を組んでおいたほうが後悔しないと思います。

 

 

医療脱毛でどこまで脱毛できるの?まとめ

クリニックで行う医療脱毛でどこまで脱毛できるのかのまとめです。

 

・「永久脱毛」ではあるが、再生率20%以下という意味

 

・「ホルモンバランスの乱れ」「照射漏れ」「回数が足りない」などの理由で脱毛完了後に再び毛が生えることもある

 

 

ネガティブなことばかり書いてしまいましたが、医療脱毛が世の中で最も効果の高い脱毛法であることに変わりはありません。

 

「再生率20%以下」といっても、ある程度の回数をこなしていれば、たいていは半永久的に毛に困らなくなるレベルにはなります。

 

 

 

エステ・家庭用脱毛器はどのくらい脱毛できるの?

それでは、エステや家庭用脱毛器ではどのくらいの脱毛ができるのでしょうか?

 

「医療脱毛」と「エステ・家庭用脱毛器」の大きな違いは「脱毛後の毛の再生率」です。

 

つまり、出力が違います。

医療脱毛・エステ>>家庭用脱毛器

 

ではなく・・

 

医療脱毛>>エステ・家庭用脱毛器

 

といった感じです。

 

「エステ」と「家庭用脱毛器」に大きな差があるのではなく、「医療脱毛」と「エステ・家庭用脱毛器」の間に差があるのです。

 

「毛母細胞を破壊できないほどの出力」という意味ではエステも家庭用脱毛器も同じなのです。

 

 

↓イメージで言えばこんな感じです。

医療脱毛とエステ脱毛と家庭用脱毛器の効果比較

ようは再生率の差なのですが、「医療脱毛」と「エステ・家庭用脱毛器」の間には明確な差があります。

 

・医療脱毛は再生率20%以下

 

・エステ・家庭用脱毛器は再生率20%以上

 

です。

 

 

「家庭用脱毛器はエステより効果が低いもの」と思っている方もいるでしょうが、必ずしもそうとは言い切れません。

 

家庭用脱毛器とエステとの間には、出力制限の差がありません。

 

 

最近の家庭用脱毛器はパワーが強いものも多いですし、

 

ひとくちに「エステ」といっても、「脱毛機器や照射のレベル、施術者の技量、頻度」または「どのサロンでやるか」などによって脱毛効果が違ってきます。

 

効果の高いエステもあれば、効果の低いエステもあるのです。

 

 

なので、「エステと家庭用脱毛器両方やってみたけど、家庭用脱毛器のほうが効果があった!」なんてこともありえます。

 

むしろ家庭用脱毛器のほうが、照射頻度が高い分、効果を実感するのが早かったりします。

 

つまり、「医療脱毛」と「エステ・家庭用脱毛器」に差はあっても、「エステ」と「家庭用脱毛器」に大きな差はないのです。

 

 

エステ・家庭用脱毛器にも「減毛・抑毛効果」はある

「エステや家庭用脱毛器は永久脱毛ではないから、元通り生えてくる。」と言われることがあります。

 

たしかに、永久脱毛ではないのですが、かといって剃刀や毛抜きと同じような「除毛」でもありません。

 

エステや家庭用脱毛器には、毛を小さくしていく「減毛・抑毛効果」があります。

 

医療脱毛のように、毛母細胞の破壊まではできませんが、ダメージを与えて、毛の成長を抑制することならできるのです。

 

 

・毛を細くする

 

・薄くする

 

・目立たなくする

 

などの効果はあります。

 

 

毛の生えるスピードも遅くなるので、たま~に処理するだけで済み、自己処理がかなり楽になります。

 

十分な回数をこなすことが前提ですが、最終的には1か月~数か月に1度の処理で済むようにもなります。

 

生えてくる毛がどんどん小さくなり、産毛レベルの全然目立たない程度になれば、ほとんど処理しなくてもOKになるのです。

 

※ただし、脱毛器の中でも減毛・抑毛効果があるのは高価格帯の脱毛器だけです。ノーノーヘアやソイエなどの比較的安価な一部の脱毛器には除毛効果(表面の毛だけを除去する)しかありません。(詳細はこちらの記事へ→脱毛器の中でも「除毛」と「抑毛」に分かれるって知ってた?近日公開)

 

エステ・家庭用脱毛器はどこまで脱毛できるの?まとめ

エステや家庭用脱毛器ならどこまで脱毛できるのかのまとめです。

 

 

・エステや家庭用脱毛器は永久脱毛ではない

 

・減毛・抑毛効果はあって、十分な回数をこなせば産毛レベルになる

 

・最終的にはたま~に処理、ほぼ処理不要にすることが可能

 

・エステと家庭用脱毛器では、効果に大きな差はない

 

 

効果はもちろん医療脱毛に劣ります。エステや家庭用脱毛器は「毛が目立たなくなればいい」「処理が楽になればいい」という方には向いています。

 

 

 

まとめ

何事も期待のし過ぎは禁物です。

 

医療脱毛とて、完璧な脱毛ができるわけではありません。

 

エステも医療脱毛とは別物ですし、永久脱毛ができるわけではありません(医療脱毛よりかは家庭用脱毛器に近い)。

 

もちろん完璧でなくても、効果の面で見れば医療脱毛が一番です。

 

ですが、料金が高いのがデメリットです(全身脱毛で40万~80万円はします)。

 

どの脱毛法にするかは「どれだけの効果が欲しいのか?」「お金はどこまで払えるか?」などバランスを考えて決めるのが良いでしょう。