家庭用脱毛器のカートリッジとは?6つの疑問

 

家庭用脱毛器について調べていると「カートリッジ」という言葉をよく目にします。

 

カートリッジとはいったい何なんでしょう?

 

後悔しない脱毛器選びのために、カートリッジについて以下の6つの疑問を通して理解を深めていきましょう。

 

・カートリッジ式の脱毛器とは?

・どうして取り外せるようになっているの?

・使い切りタイプは本体を買いなおす必要があるの?

・カートリッジの寿命はどのくらい?

・どんな種類があるの?

・照射面積って大事なの?

 

【おまけ】

・男性の髭に対応してる脱毛器は?

 

【まとめ】

・カートリッジから見た脱毛器比較

 

 

実際に脱毛器を使ってきた筆者の消費者目線の感想もふまえ、解説していきたいと思います。 

 

(※価格等は記事執筆時点のものになります)

 

 

↓光脱毛器ケノンを2~3年試した時の体験談

・光脱毛器ケノン2年以上使った総合レビュー【効果のわかる画像あり】

 

 

【疑問1】カートリッジ式の脱毛器とは?

脱毛器のカートリッジ。なかには発光ランプが入っている。(ケノン)

脱毛器のカートリッジというのは、光脱毛器の先端に取り付けられている取り外し可能な、アタッチメントのことです。

 

なかには発光ランプが入っていて、この発光ランプが光ることにより脱毛をすることができます。

 

カートリッジごとに照射面積や、照射可能回数が決まっていて、それぞれに特徴があります。

 

脱毛器選びにおいて、ぜひ着目しておきたい重要なパーツです。

 

 

 

【疑問2】どうしてカートリッジは取り外せるの?

カートリッジが取り外せるようになっている理由は主に2つあります。

 

 

理由1.別種類のアタッチメントに取り換えられるようにするため

たいていの光脱毛器には、カートリッジが複数種類あります。

 

照射面積や照射力の違いによって、カートリッジを使い分けたり、美顔専用のカートリッジを用いて美顔器として使ったり、用途によって使い分けることができます。

 

理由2.カートリッジの寿命に対応するため

光脱毛器のカートリッジには寿命があります。

 

蛍光灯をイメージしてみるとわかりやすいのですが、中に入っている発光ランプは一定回数を過ぎると、脱毛に十分な照射力を保てなくなるのです。

 

本体がまだ使えるのにカートリッジが使えなくなったら非常にもったいないですよね?

 

しかし万が一、カートリッジを使い切っても新しくカートリッジだけ追加購入すれば、また、新品同様使い始めることができます!

 

注意!「カートリッジを取り外しできないもの」「追加購入できないもの」もある

脱毛器によってはシルクエキスパートのように、本体とカートリッジが一体化していて、取り外しできないものや、カートリッジが別売りされておらず、追加購入できないものもあります。

 

そういった脱毛器は、上記で述べたメリットはありません。

 

詳しくは後述します。

 

 

 

【疑問3】使い捨てタイプは本体ごと買いなおす必要がある?

脱毛器には、カートリッジが追加購入できない(別売りされていない)使い捨てタイプと、追加購入ができて交換可能なタイプがあります。

 

カートリッジの追加購入ができない使い切りタイプは、照射寿命まで使い切ったら、本体ごと買いなおす必要があります。

 

・交換可能なタイプ

ケノン、ラヴィ、レイボーテグランデ・・

 

・使い捨てタイプ

ルメア、シルクエキスパート、光エステ・・

 

 

別売りカートリッジの値段はいくら?

それでは、カートリッジを追加購入するにはいくらの費用がかかるのでしょうか?

 

各脱毛器の別売りカートリッジの価格を調べてみました。(税込)

 

・ケノン

本体と同時購入

ラージ   4200円

エクストラ 6000円

スキンケア 4000円

ストロング 6000円

 

単品購入

ラージ   7700円

エクストラ 9800円

スキンケア 6800円

ストロング 9800円

 

※ケノンは本体と同時購入することで追加カートリッジは割安になります。

※プレミアムカートリッジは別売りされていないようです。

 

・ラヴィ

脱毛カートリッジ  4860円

美顔カートリッジ  4860円

スリムカートリッジ 4860円

 

・レイボーテグランデ

ラージ  10800円

スモール  7560円

 

 

 ※レイボーテグランデのフェイスカートリッジも別売りされていないようです。

 

別売りカートリッジも、そこそこのお値段はしますが、本体を買いなおすよりは安上がりです。

 

 

 

【疑問4】カートリッジの寿命はどのくらい?

カートリッジには寿命があるといいましたが、実際どのくらい長持ちするのでしょうか?

 

寿命を見る時に目安となるのが、各カートリッジの照射可能回数です。

 

以下がメジャーな6つの光脱毛器の、照射可能回数になります。

 

・ケノン       30万発

・光エステ      30万発

・シルクエキスパート 30万発

・ルメア       25万発

・レイボーテグランデ 20万発

・ラヴィ       1万発

 

※いずれも、最大発数のカートリッジにおける最大レベルで照射した場合のショット数です。

 

※シルクエキスパートはプレミアムモデルでのショット数です。(ベーシックモデルは25万発)

 

最近の家庭用脱毛器は本当に照射可能回数が多くなりました。最大レベルで照射しても20~30万発も打てるのが主流になっています。そのくらいあれば、だいたい一人分の全身脱毛は足ります。

 

 ラヴィはカートリッジ寿命が短いのが欠点ですね。

 

 

【注意!】照射可能回数を見るときの注意点(1)

・「照射可能回数は最大レベルの場合で見るべし」

 

脱毛器は照射ごとにレベルを変えることができるのですが、どのレベルで打つかにとって、カートリッジの発数の減り具合も変わってくるのです。

 

例えば

レベル5なら残り10000発打てるが

レベル1なら残り40000発も打てる

 

といった具合にです。

 

実際、脱毛器を使うときは低いレベルで使うことはほとんどありません。効果が低いからです。

 

主に最大レベル付近のレベルを使うことが多いので、照射可能回数は最大レベルを目安に見ていくとよいでしょう。

 

【注意!】照射可能回数を見るときの注意点(2)

・「照射力はほんの少しずつ落ちていく」

 

カートリッジのランプは消耗品ですから、使っていくうちにほんの少しずつ照射力が落ちていきます。

 

僕も脱毛器を長く使っていて、「はじめに比べると若干パワーが落ちたかな?」と感じることがありました。計算上、脱毛するのに十分な発数があっても、後でパワーが物足りなくなることもあるかもしれません。

 

そういう心配のある方は、追加カートリッジが買えるタイプの脱毛器を買うのがおすすめです。

 

カートリッジの追加購入は必要なの?

いろいろ注意点を述べましたが、僕の経験から言えば基本的には追加カートリッジの購入は必要ありません。(ただし、照射可能回数の極端に少ないラヴィは、全身脱毛をするなら追加購入が必要かと思われます。)

 

しかし、以下に当てはまる場合には追加購入を検討する必要があります。

 

・剛毛で、脱毛期間が長い人

・家族などと共用する場合

 

自分一人で脱毛器を使用する人でも、剛毛な人はそれなりの脱毛期間やパワーが必要なので、カートリッジの追加購入が必要な場合があります。

 

また、家族など複数人で使いまわす場合も、それだけ照射回数が必要になってくるので、追加購入する検討の余地があります。

 

衛生面を考えて、別々でカートリッジを使用したい場合も同じです。

 

 

 

【疑問5】カートリッジにはどんな種類があるの?

ほとんどの光脱毛器では通常のカートリッジのほかに別種類のカートリッジが用意されています。脱毛器によって1~5種類と幅があります。

 

脱毛器を買う前には、どんなカートリッジがあるのか確認しておきましょう。

 

 

「美顔専用カートリッジ」はケノンとラヴィにはついている

脱毛器ケノンの美顔カートリッジ
こちらはケノンの美顔カートリッジ、美肌に効く波長だけを通過させます。

 

光脱毛はキセノンランプという、フォトフェイシャルでも使用される光源を用いています。カートリッジを付け替えれば美顔器としても使え、美肌効果も期待できるのが特徴です。

 

美顔専用のスキンケアカートリッジがあるのはこの記事で取り上げた6つの光脱毛器のうちではケノンとラヴィのみです。

 

ほかの光脱毛器にもフェイス用カートリッジはありますが、脱毛も兼ねているので美顔専用というわけではありません。

 

光脱毛器はカートリッジによって光の波長を調節しているので、美顔カートリッジは通常の脱毛用より、肌への負担が軽いと思われます。

 

脱毛器を美顔器としても利用したい方は、美顔カートリッジのついた脱毛器がおすすめです。

 

 

主な光脱毛器のカートリッジ種類比較

通常の脱毛カートリッジのほかには、美顔用、顔脱毛用、照射面積の狭いところ用(スリム・ビキニライン・スモール)や、パワーのより強いストロングカートリッジ(剛毛用)、照射面積の広いエクストラカートリッジなどがあります。

 

・シルクエキスパートは1種類

今どきの脱毛器にはめずらしく、カートリッジを取り外すことができません。なので、別種類のカートリッジもありません。

 

・光エステ・ルメア・レイボーテグランデは3種類

ボディ用、顔用、ビキニライン用(スモール)の3種類です。美顔専用のカートリッジはありません。

 

・ラヴィも3種類

ラヴィは通常の脱毛カートリッジ、美顔カートリッジ、スリムカートリッジの3種類です。

 

・ケノンは5種類

プレミアム、ラージ、エクストラ、ストロング、スキンケアカートリッジの5種類です。

 

※プレミアムはラージの進化版です。新型のケノンには標準で付いてきます。

 

カートリッジは付属品? 別で買う必要がある?

カートリッジの別売りがないルメア、シルクエキスパート、光エステはすべてのカートリッジが本体の付属品としてついてきます。

 

また、レイボーテグランデも3種類ともカートリッジが本体に付属しています。

 

ラヴィやケノンはキャンペーンやセット内容によって、以下の通りカートリッジの付属内容が異なります。

 

・ラヴィ

基本セット 脱毛カートリッジのみ

美顔セット 脱毛カートリッジ+美顔カートリッジ

オールインワンセット 脱毛、美顔、スリム、3種類とも付いてくる

 

・ケノン

キャンペーン内容によってコロコロ変わる。大体は標準のプレミアムカートリッジを含め、3~4個のカートリッジが付いてくる。

 

脱毛器を買う前には、どのカートリッジが付属しているのか、ちゃんと確認しておきましょう。

 

 

【疑問6】カートリッジの照射面積って大事なの?

カートリッジの照射面積は大事です。脱毛器選びをする際の、重要な項目の一つとなります。

 

なぜなら、照射面積は脱毛する際の所要時間や手間の省略につながるからです。

 

基本的には、カートリッジの照射面積が広いほど少ない回数で脱毛できるので、所要時間も短く済みます。

 

個人的には、スリムカートリッジなど照射面積の狭いカートリッジの必要性を感じたことはありませんでした。

 

以下が脱毛器ごとの照射面積の比較です。

 

・レイボーテグランデ 12㎠

・ケノン       9.25㎠ 

・光エステ      8.3㎠

・ラヴィ       7.4㎠

・ルメア       4㎠

・シルクエキスパート 3㎠

 

※各脱毛器、最も照射面積の広いカートリッジを比較

 

 

【おまけ】男性の髭に対応している脱毛器は?

いろいろとカートリッジについて調べる過程で、各脱毛器が男性の髭にも対応しているのかという情報も入手したので、載せておきたいと思います。

 

Q.男性の髭に対応してる?

 

・ケノン       対応

・レイボーテグランデ 対応

・ラヴィ       対応

・光エステ      非対応

・ルメア       非対応

・シルクエキスパート 非対応

 

ちなみにいうと、上の3つは本体が大きい据え置きタイプで、下の3つはハンディタイプです。

 

やはり据え置きタイプのほうが全体的にパワーがあるのかなと思います。

 

 

【まとめ】カートリッジから見た6つの脱毛器比較

ここまで、「カートリッジの必要性やメリット」「使い捨てor交換可能」「寿命(照射可能回数)」「カートリッジの種類」「照射面積」などについて述べてきましたが

 

※価格表示は記事執筆時点のものです。

 

ちょっとごちゃごちゃしたので、脱毛器ごとにまとめてみました。↓

 

・ケノン

ケノンシャインピンク

↑画像クリックで公式サイトへ飛びます

 

僕も買ったケノンです。

カートリッジの種類も豊富で、照射可能回数・照射面積とも申し分なく、美顔ありでカートリッジの追加購入も可能です。

脱毛器で迷ったら、とりあえずこれを買っとけば、間違いないです。

 

本体価格(税込) 69,800円
付属カートリッジ 3~4個
照射可能回数 (最大レベル) 30万発
最大照射面積 9.25㎠
カートリッジ 全5種(プレミアム、ラージ、エクストララージ、スキンケア、ストロング)
美顔専用カートリッジ あり
カートリッジ追加購入 可(交換可能タイプ)

 

・レイボーテグランデ

↑画像クリックで公式サイトへ飛びます

 

僕の知る限りでは最も価格の高い家庭用脱毛器です。

照射面積が広いのは魅力的です。

高級志向な方におすすめ!

クールヘッド、ボディジェルなども付属した、さらに高額なセットもあります。

 

本体価格(税込) 116,640円(基本セット)
付属カートリッジ 全3個(基本セット)
照射可能回数 (最大レベル) 20万発
最大照射面積 12㎠
カートリッジ 全3種(ラージ、スモール、フェイス)
美顔専用カートリッジ なし
カートリッジ追加購入 可(交換可能タイプ)

 

・光エステ

照射回数はトップレベル、しかもケノンより安め。

照射面積の広さも悪くない。

髭脱毛には非対応で、美顔カーリッジがない点が惜しい!

 

本体価格(税込) 5万円前後(店舗によって幅あり)
付属カートリッジ 全3個
照射可能回数 (最大レベル) 30万発
最大照射面積 8.3㎠
カートリッジ 全3種(ボディ用、フェイスライン用、ビキニライン用)
美顔専用カートリッジ なし
カートリッジ追加購入 不可(使い捨てタイプ)

 

・ルメア(プレステージ)

 

※紹介しておいてなんですが、現在は生産終了しているようです。(申し訳ない)

 

以前は5万円ほどで販売されていたのですが、在庫のみとなったため価格が上昇し続けています。

現在はどの店舗でも高額で、価格.comの最安値を見ても84,000円でした。(記事執筆時点)

本体価格(税込) 8万円以上(店舗により幅あり)
付属カートリッジ 全3個
照射可能回数 (最大レベル) 25万発
最大照射面積 4㎠
カートリッジ 全3種(ボディ用、フェイス用、ビキニエリア用)
美顔専用カートリッジ なし
カートリッジ追加購入 不可(使い捨てタイプ)

 

・ラヴィ

 

基本セットの他に、美顔セット(47,844円)、オールインワンセット(52,704円)があります。

髭にも対応しているようです。美顔カートリッジがあって、カートリッジ追加購入できるのは◎です。

ただ、照射回数が・・。

 

本体価格(税込) 42,984円(基本セット)
付属カートリッジ 基本セット(脱毛) 美顔セット(美顔+脱毛) オールインワンセット(脱毛+美顔+スリム)
照射可能回数 (最大レベル) 1万発
最大照射面積 7.4㎠
カートリッジ 全3種(脱毛、美顔、スリム)
美顔専用カートリッジ あり
カートリッジ追加購入 可(交換可能タイプ)

 

・シルクエキスパート(プレミアムモデル)


Braun BD 5001 Silk Expert 5 IPL 永久脱毛+ジレットヴィーナス剃刀 [並行輸入品]

 

※永久脱毛と書いてありますが、家庭用脱毛器で永久脱毛はできません。

 

照射可能回数は多いですが(ベーシックはモデルは25万発)

ヒゲ非対応で、照射面積が小さく、カートリッジも交換できないのがネックです。

 

本体価格(税込) 4万5千円前後(店舗によって幅あり)
付属カートリッジ 1個(本体と一体化)
照射可能回数 (最大レベル) 30万発
最大照射面積 3㎠
カートリッジ 全1種(脱毛用のみ)
美顔専用カートリッジ なし
カートリッジ追加購入 不可(使い捨てタイプ)

 

最後に・・

今回は、「カートリッジ」という切り口で脱毛器を見ていきました。

 

カートリッジについて知ることは後悔しない脱毛器選びにつながります。

 

この記事がお役に立てたのなら幸いです。

 

 

 

 

 

※当ブログによったなら、Top記事は見てってください

       ↓

・光脱毛器ケノン2年以上使った総合レビュー【効果のわかる画像あり】

 

 

※2番目に読んでほしい記事↓

 

・「ケノン美顔器は効果ない」っていう口コミをあえて集めてみた【ビフォーアフター写真あり】

 

 

 

 

<購入前に読んでおくべき記事>

 

・ケノンの特典・プレゼントからみた買い時は?2019年予想も

 

・エムロック?アローエイト?ケノンを100%安心して買うには?

 

 

 

<ケノン使用前に読んでおきたい記事>

 

・ケノンでかゆみ・炎症発生!?(画像あり)

 

・ケノン顔脱毛の光で「視力低下」の可能性はあるのか?

 

・ケノンでシミが「増える」「濃くなる」可能性と8つの対策

 

 

 

<ストロングについての記事>

 

・ケノンのストロングカートリッジはvioに効果なし?

 

・ケノンのストロングはマジ痛い?レベル7以下は意味がない!

 

 

 

<ケノンの知識記事>

 

・ケノンに「フォトフェイシャル」の効果はないよ!

 

・今さらケノンバージョン4.1買うの?効果低いからやめとけ!

 

・ケノン(nipl-2080)バージョンの違いは?中古はやめとけ!

  

・ケノンは陰部に使える?男性には効果ある?

 

・ケノンの口コミはサクラ?やらせが疑われても仕方ない理由4つ

 

・ケノンのカートリッジ、バージョンの違いによる本体との互換性は?